▷▷▷収入を増やすポイ活って何?

新生児にかかるお金の出費が半端ない。赤ちゃんと2歳児との生活。

2人目だからなんとかなる

そう思っていた私。
こむぎちゃんを育ててきた経験があるから2人目は楽だろうと思っていたけど、ナメてました。

入院している間は赤ちゃんが寝たら自分も寝て‥と寝不足を感じながらも一緒に寝ることができましたが、退院してからより大変さを痛感することになるのです。

 

1人目だからなんとかなったことに気付く

 

こむぎちゃんの新生児時期は『寝不足・大変』というイメージがあまりなくて。
初めての育児に必死だったから忘れているのかもしれませんが、こむぎちゃんが寝たら一緒に寝ることができていたから寝不足をそこまで感じなかった気がします。

1人目だから一緒に寝れたということ。2人目育児は、赤ちゃんが寝るタイミングで自分も寝たいのに、こむぎちゃんが寝かせてくれません。

 

こむぎちゃん

ママ遊ぼう~!

 

ね‥眠い

むぎ

 

赤ちゃんはだいたい3~4時間おきに泣いてミルクを要求。ミルクを飲んでも全然寝なくて静かにぽけーっと起きていることもあれば、そのうち泣き出してミルク追加なんてこともあり。
眠りそう~なんて時に、こむぎちゃんが赤ちゃんを触って起こしてしまったり‥思うようにいきません。

 

むぎ

こむぎちゃんのちびむぎちゃんに対する愛が止まらなくてずっと触っています。
 

こむぎちゃんが誰よりもちびむぎちゃんに愛情を注いでいて、その姿を見るのが可愛くて2人目を出産できて良かったなぁと思います。

しかしとにかく寝不足がひどい。まとめて眠れて4時間寝れるかどうか。特に夜中に起こされることがツライです。
今は里帰り中なので、こむぎちゃんの相手をしてくれる人が何人かいるし、上膳据膳でご飯も母が作ってくれたご飯を食べるだけのありがたい生活ですが、自宅に帰ったらこの寝不足な生活にこむぎちゃんの相手や買い出し、家事がプラスされると思うと‥‥不安でしかない。

 

お金の出費が半端ない

 

そして赤ちゃんにかかるお金がドンッと増えました。
ミルクの消費量が激しくてミルクのなくなるスピードが早い。=ミルク代がやばい!(ミルクと母乳の混合育児です。)

1か月過ぎてから飲む量も増えたので1週間で1缶なくなります。これからもっと飲む量が増えるので5日で1缶なくなったりして‥

新生児用のオムツは1週間で1パックの半分は使いました。想像以上の減り。1か月で最低でも2パックは必要ということが分かりました。
新生児用2パックを使い終え、現在はSサイズへ。
こむぎちゃんもまだオムツ愛用中な上におしっこの量も増え、こむぎちゃんのオムツの減りも早い。
ということは、おしりふきの減りも早い。

さらにミルトンの錠剤も毎日必要だしミルトン代もかかります。

 

出費の嵐~💦

むぎ

 

こむぎちゃんの時はミルクは明治のほほえみを使っていましたが、ちびむぎちゃんの飲みっぷりがよく消費が激しいのでミルクの中でも安い和光堂の「はいはい」に変えました。

 

赤ちゃんが産まれてなお一層ウェル活があって良かったと心から思います。

ウェル活のおかげで
 

ミルク(和光堂はいはい)は2缶3,456円÷1.5=2,304円
1缶1,152円で購入できていることに。

 

オムツは2点で2,376円÷1.5=1,584円
1つあたり792円で購入できていることに。

 

おしりふきは645円÷1.5=430円
430円で購入できていることに。
(1パックあたり54円)

 

arau(洗剤)は473円÷1.5=315円
315円で購入できていることに。

 

野菜洗い(食器洗剤)は537円÷1.5=358円
358円で購入できていることに。

 

(ミルトンを購入したらまた追記しておきます。)

 

普通に買えば4,571円☞ウェル活だと3,047円

う~ん、本当に助かります。

 

【ウェル活完全版2019】毎月20日は33%オフ!ウエル活とHAC活のやり方を完全ガイド!ウエルシアで食費と日用品を節約しよう【ウエル活】の裏ワザも公開しました♡

 

里帰り中にやっておきたいこと

 

まだ自宅に帰るまでに時間があるので、それまでに

  • こむぎちゃんのトイトレ
  • こむぎちゃんを規則正しい生活に変える
  • 1か月の献立表を作る

をしておきたいと思います。

 

むぎ

トイトレが成功したらこむぎちゃんのオムツ代が減らせるし、早く終わらせたいよ。笑
 

自宅に帰って楽できるような環境作りを今のうちから始めよう。


最後までお読みいただきありがとうございます。

⚘ランキング参加中⚘
応援クリックお願いします。
(たくさんのお金の話が見れます♡)


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

コメントを残す