▷▷▷収入を増やすポイ活って何?

【料理シリーズ】料理に苦手意識を持った4つの理由

 

料理が苦手です…!

むぎ

 

独身時代から、料理に対して苦手意識がありました。
地元の友達にも料理苦手のむぎとして有名なほど。(どんだけw)

必死に料理教室に通ったりしたのに苦手意識は取れなかったんですね。

なぜ料理が苦手なのか?
考えてみました。

 

「料理が苦手!」と思ってしまう理由

 

レシピを見て作っても美味しくない!

 

独身の頃は、実家暮らしだったので
親がご飯を用意してくれました。
たまに、料理してみたいなという気持ちになり
気になるレシピを見ながら作ったりしたのですが、
それを家族に出すも
「微妙…」という評価。

 
珍しく料理したくなって作ったのに、
「美味しい~」
って言われないと悲しい。笑

 
ちゃんとレシピ通りに作って美味しくないということが続き、自分があまりにも料理下手なのか、
レシピが美味しくない料理なのかよく分からなくなりました。

今考えると、購入したレシピ本が美味しくなかったんですね。

レシピ本すべてが美味しいとは限らないと思いました。

 

レシピが覚えられない

 

何度作っても、レシピが覚えられないんですね^^;
 

あの料理美味しかったからまた作りたいな~…えっと何の材料が必要なんだっけ…?

むぎ

 

何回も作るのに覚えられないんです。(^_^;)
記憶できない自分の頭、大丈夫?と心配になったほど。笑

DIYなどの工作なら覚えられるのに
料理になると覚えられない。
なんで~( ;∀;)笑

 

味見が苦手

 

料理を作って味見をしても
美味しいか美味しくないかが分からないんですよ~。

人が作ってくれる料理は何でも美味しいけど
自分が作る料理はなんか美味しくない…!

 

番外編

 

小さい頃は母とご飯を作りたいな~と思って
小学生低学年の頃、
作りたい料理のレシピを
ノートにメモしていました。

 

むぎ(幼少期)

おかーさん♡日曜日、一緒に作ろうね♡
 

と約束して、日曜日をワクワク楽しみにしていたんです。

でも大人は勝手。

疲れたから、と約束を破られる日々でした。

 

もう料理なんてしないもん

むぎ(幼少期)

 

こんな感じで幼いむぎは、料理がキライになっていきました…

そんな子供のむぎは、こんな妄想をします。

 

料理苦手な人の妄想あるある?!

 

30歳過ぎたら料理がうまくなると思っていた

 

なんとなく勝手に30歳になったら料理がうまくなるものだと思っていました。
30歳は年齢的にも落ち着いてる頃。
そのくらいの大人って、小さい子どもからしたら
みんな料理上手に見えませんか?

なので、私も30歳になれば料理は上手くなるだろうと思っていました…が残念!

 

結婚したら料理がうまくなると思っていた

 

30歳じゃなくても、結婚したら
みんな料理ができているイメージ。

主婦になれば料理が上手くなるな~んてことはなかった!笑

まさかこんなに料理が苦手な主婦になっているなんて
小さい頃は想像もせず。

毎日ごはん作りのことを考えると
頭痛がします…

 

さっきご飯作ったのに、またご飯のこと考えてる…

むぎ

 

毎日ご飯どうしようばかり考えている気がする~

でも、毎日作らなきゃならないんだから
せっかくなら楽しく料理ができたらいいなと思って
今、ブログを書いています。

 

ブログに書くことで
料理を楽しく作ることができたらいいな~と思って
これから料理シリーズを書いていこうと思います♪

 

特に私の場合は結婚してもう5年目なのに、
料理の基礎がわかっていないので
そこから書いていきたいと思います。

(結婚5年目なのに料理の基礎も分かっていないなんて恥ずかしい~)

 

同じように料理苦手な方、頑張りましょうね!参考になればいいな♡

むぎ

 


最後までお読みいただきありがとうございます。 ポチっと応援嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村