▷▷▷収入を増やすポイ活って何?

【ついに断乳!】2歳2ヶ月での断乳記録

 

むぎ

ついに断乳できました~~!
 

周りのママ友は1歳過ぎに断乳をする方が多かったのですが、私の心の準備がなかなか出来ず、
そんなこんなしてる間に娘がたくさん話せるようになり、
 

朝起きたら「おっぱい!」
昼間も暇さえあれば「おっぱい~~~泣」
夜の寝かしつけも添い乳でないと眠れなくて、とにかくおっぱいへの依存がすごくて、断乳のタイミングを見失っていました。
 

しかし2歳を過ぎ、授乳をするのが痛くて苦痛になってきたのでついに断乳を決意しました

 

断乳のためにはじめたこと

 

まずは2歳になった頃から、
 

むぎ

そろそろおっぱいとバイバイしようね~!
 
と言うようにしていました。
それからは子供がおっぱいに向かって「バイバイ~!」と手を振ることもありましたが、実際にはおっぱいへの依存は変わらず。

まだまだ時間がかかるかな、と思っていたのですが、断乳の日はいきなり来ました…!

 

断乳当日の記録

 

それはいきなり来ました。
11/18(日)
この日は私が体調が悪く、夫と子供で1日お出掛けしていたため授乳なしで過ごせていました。

断乳するには良い条件ではありますが、この日は日曜日
さすがに断乳を始めるのが日曜日はじまりはキツイので、金曜日の夜あたりにはじめたいと思っていたのですが、
断乳させたがりの夫が夜、

 

ここまで授乳なしできたんだから、おっぱいすんなよ(ギロ)

夫役くま

 

と強気の睨みをきかせてきました。
(睨むのやめてほしいですよね。)

 

むぎ

えーー日曜日の夜に断乳はじめる人なんていないよ~!私の心の準備ができてないのに。そもそも私、体調悪いんですけど…!
 

夫の性格、結構難ありなんですよね…。笑
自分が思ったら曲げない性格なので、本当に面倒です。

普通、母の気持ちを尊重するものじゃないの?と思いつつも、こんな風に「おっぱいすんなよ」と言った後に、私が少しでも授乳したものなら「なんなんだよ!もう知らねー!」と怒るのが想像できます。

 

むぎ

仕方ない…今日は頑張るか…
 

しかし1日授乳していなかった娘。
我慢しようと耐えていたようで、ベッドの端に座り込んで泣きだしてしまったんですね。

 

…しくしく…うわーん

 

いつもの泣き方と違って、我慢したけど泣いてしまったって感じで、可哀想になってしまったので「今日はもういいや。」と思いました。

 

私の気持ち的にも、ちゃんと最後にお別れの授乳をしたかったし、「これで最後だよ~」と言っておっぱいをあげました。

 

しかしもともと体調が悪かったのもあって、おっぱいをあげていたら私の気分が悪くなりおっぱい中断。

 

1時間くらいずーっと大泣きで
「おっぱい~~おっぱい~」~と泣き叫んでいたのですが、夫に「もう与えるなよ!(ギロ)」と強く言われたのでそのままやめることにしました。(言い方がヒドイですよね。泣)

 

寝室が2階なのですが、何度も

 

ジュー飲むー(麦茶飲む)

 

とリビングがある1階に行こうと誘われました。
麦茶をあげましたが、娘の本当の狙いはおもちゃで遊ぶこと。

多少おもちゃで遊ばせてから寝室に戻り、再び寝かしつけようとすると

 

ジュー飲むー!

 

と泣き叫ぶ、の繰り返しを3回位したかな。

 

最後は断乳する時によくやるというあの手をしよう、と油性マジック登場!
おっぱいにアンパンマンの絵を描きました!

 

むぎ

ついに絵を描く日が来たのね…!
 

そして、娘に「おっぱいはアンパンマンになっちゃったの~!」と言って、実際に見せました。

 

アンパンマンになったおっぱいを見た反応は?

 

どんな反応をするかな~と思ったら
笑って驚いていました!

 

アンパンマンになっちゃったの?

 
と言われたので

アンパンマンになったおっぱいが演技。笑

 

「はっはっはっー!ぼく、アンパンマン!いつでもひーちゃんのそばにいるからね!」

 

念の為、最後の手段としてカラシをおっぱいに塗り、寝室に戻りました。笑

 

意外にも納得したのか、それからは寝室に戻ってもおっぱいを飲もうとはしませんでした。
(無駄にカラシを塗ったことになったっていう。笑)

 

布団に入るとやっぱり泣いてしまいましたが、
ぎゅーっと抱いてトントンしていたら
泣き疲れたのか寝てしまいました。

 

その翌日の夜も「ジュー飲む」攻撃がありましたが、なんと一度もおっぱいを飲もうとはしませんでした。

 

3日目のお昼におっぱいが飲みたくなったようですが

 

おっぱい…ばいばーい

 

と、おっぱいに手を振ってバイバイして我慢していました。

その後もおっぱいが飲みたくなると呪文のように
「おっぱい…ばいばい」
と自分に言い聞かせて我慢をしていました。

 

むぎ

こないだまで赤ちゃんだったあの子が頑張って我慢している…なんて健気なの。泣
 

泣きましたね。
こんなに小さくても我慢しようとしている姿、泣けました。

 

断乳する時の夫の役割(と愚痴)

 

正直、本当に役に立ちません。笑
「もうおっぱい与えるなよ!」と言ってから夫はすぐ寝ましたからね。

  
怒り心頭でした。
平日は夫が家に帰ってくるのが遅いので
日曜日に断乳が始まったら月曜日から大変なのは私。
しかも体調悪いから寝たいのに。

 
何も考えず、勝手に言いたいことだけ言って寝て
何なんだろうと思いました。

 
ただ、私は結構意思が弱いので、強く言ってもらえたことで断乳が決行できたところもあります。

 
そういう意味じゃ、いいバランスなのでしょうか…。

 

周りのママ友の旦那様はみんな話し方も穏やかでうらやましい~(>_<)  
※いつもこんな感じというワケではないですが、この日は特に酷い!と思ったので愚痴りました。と一応フォロー。笑

 

断乳後のおっぱいは?

 

断乳後のケアが必要かと思いましたが、
実は全然母乳が出ていなかったのか
全く痛くなりませんでした。
1歳過ぎくらいなら半日授乳しないだけでカチカチだったのに。
なので特にケアはしていません。

そういう点でも2歳になってからの断乳で良かったかな。

 

さいごに

 

あんなにおっぱい大好きな娘が
すんなりやめてくれるとは思いませんでした。
これは本当にビックリ。
毎日「おっぱい~~」が口癖か、ってほどすぐに授乳したがる娘だったので、絶対に辞められないと思っていたんです。

言葉が話せない1歳までにやめておけば良かったかなと、後悔したこともあったけど、

きちんと話して納得してやめることができて良かったなって今は思います。

 

むぎ

私のおっぱい。今までありがとう。
 

以上、娘の断乳記録でした。
参考になれば幸いです。


最後までお読みいただきありがとうございます。

⚘ランキング参加中⚘
応援クリックお願いします。
(たくさんのお金の話が見れます♡)


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

コメントを残す